Chief, Mihai

はるばるルーマニアから日本にやってきて、もう10年以上。そしてやっと念願の日本の肉を使ったルーマニア料理の店を出しました。
ルーマニアの肉料理は世界で一番おいしいと思っていましたが、日本に旅行で来たときに、日本のステーキを食べてそのおいしさに驚き、日本の肉の品質の高さに感心しました。
当時、ルーマニアでシェフをしていた私は、日本の肉でルーマニアの肉料理を作ったら、もっとおいしくなるに違いないと考え、日本でルーマニアの肉料理を出すレストランを開くことを決意しました。
日本では六本木のレストランで修業の傍ら、肉の仕入れや、日本のしきたりを学び、そして念願の日本産の肉を使ったルーマニア料理を出すレストランを錦糸町にオープンさせました。
日本のシェフも技術は非常に高いですが、分業が発達していて、全課程をやる人は少ないです。
私の場合、ルーマニア方式での肉の仕入れ、選定、解体、加工、調理に至るまで、すべての過程を自分で行うので、肉が本来持つうまみを最大限生かした肉料理を作ることができます。またすべての過程を自分で行うために、高級店と同品質でありながら、価格はぐっと抑えて提供することが可能です。
ルーマニアの一流店で修行してきたプロフェッショナルの私が、日本の肉を使って調理した肉料理を、ぜひ味わってください。

Staff 1

Assistant

Staff 7