店内は外国の常連さんが多い感じ。
ですが、日本の方も結構出入りしていたので、安心して入る事ができました。

今回はシェフのおすすめコースを選択。

ワイン1杯
スープ
前菜
(お魚もあった気が…ごめんなさい覚えてないです)
メインのお肉料理
デザート
パン

値段もワイン込で3,500円前後と非常にリーズナブルでした。
お味も量も丁度良く、非常に満足です。

あまりにも安かったので、デザートもさらに追加してしまいました。
パパナシというドーナッツ似の揚菓子です。
あつあつのドーナツに冷たいサワークリームとベリーのジャムをかけたもの。
ルーマニアの名物らしく、ベリーの酸味が良く効いていて思ったより重くないです。
このお店では400円程度で提供されていました。
(後で調べてみたら、都内のルーマニア料理店ですと800円位で出されているものです。)

安価でルーマニア料理が食べられるので、近場なら行ってみる価値は十分にあると思います。

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13171058/dtlrvwlst/COND-0/smp1/

非常にCPの良いルーマニア料理

家族で行きました。夜間オープンのお店ですが、17:30頃なら子どもと一緒に入れる雰囲気です。シェフの方と娘さんで営んでいる、とてもアットホームな店内には、ルーマニアの絵や民族衣装が飾ってあり、とても親しみやすい雰囲気です。
お料理はシェフ歴50年のオーナーが作るソーセージがとても美味しく、お酒がすすみます。素材の味を生かしていて、本場よりも薄味でした。全体的にヘルシーなお肉料理と思います。結構量を食べても、こってりにならず味を楽しめました。
デザートにはルーマニアで有名なパパナシとクレープがありました。パパナシとチーズのクレープを食べましたが、とても口当たりが良く、カロリーがありそうだけれど、もたつかずサラッと平らげてしまいました。
食後のお茶にはルーマニアのハーブティーをいただきました。soc(ソック)という植物のハーブティーですが、これがまた花を香水にしたような香りで、お肉料理とデザートの仕上げにぴったりでした。
また食べに行くのが楽しみです!

 

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13171058/dtlrvwlst/B125925413/?use_type=0&srt=&sby=&smp=1#37190429

食べたことのない自家製ソーセージ!!

ルーマニア料理そのものにはあまり馴染みがありませんが、お料理は一つ一つ、とても丁寧に造られ、非常に印象深い経験でした。
値段の割に、しっかりしたワインの美味しさに驚きました。
最後に、チョコレートデザートは最高に美味しかった!
お店のスタッフは殆どルーマニアの方ですが、皆さんはもとてもフレンドリーで、お話しもとても上手。
何とも言えない人懐こさに和まされた感じ。
いつかルーマニアを訪れたくなった気分で帰りました。

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13171058/dtlrvwlst/B57873423/

最高に美味しいデザート!